第7回 榛名山ヒルクライム エキスパート15位 39:10

 榛名山ヒルクライムに参加しました。ヒルクライムなのでカーボローディングは無し重要レースなので月火休みしっかり疲労を抜き水曜日に和田峠をアタック。手元で13:45と自己ベストを更新するもエキスパで着にからめる実力でないのは明らか。現実的に39分きりという目標を設定しました。

天気:晴れ

気温:待機時に半袖ジャージ+WBで寒くないくらい

体重:57kg

朝食:3時間前(オートミール80g,スキムミルク10g,粉飴20gバナナ71本)、1時間前(ウィダーインゼリー1個)

初心者ゴールまでは集団内できついペースとは感じず無難にこなし、初心者ゴール以降は集団内右端キープし降りを利用して少しずつ位置を上げる。びくや区間急勾配のたびにペースアップに耐え切れず榛名神社への最後の登りで千切れる。以降は自分のペースで行くしかないのでゴールまで耐えられる強度で淡々と。ゴール前でかせくんにさされてフィニッシュ。

ゴール後は久しぶりにお会いする方々とお話する時間がほんとに楽しい。この感じが味わいたくてまたレースに出るんだろうなぁ。

レース結果を振り返ると最近の練習でもそうだが自分の最大心拍より4%位レース、練習中最大心拍が低い。1月から順調にトレーニングを重ねてきたつもりが積もり積もった疲労がネックとなりレースで必要な本当にヤバイ強度まで追い込めなくなっていたように思う。かつらおの時みたいにレース後気管支炎みたいな症状にならなかったし。今年の目標レースはニセコクラシックまだ2ヶ月あるのでここは一度疲労を抜いてリフレッシュしさらに強くなれるように練習をつんでみようと思う。

使用機材

フレーム:new tarmac2015

ホイール:ARP40-TL STD

コンポ:アルテグラR8000 52-36 11-30

タイヤ前後:IRC FOMURA PRO RBCC 25c 6bar

 

レース後は卵太郎でダブルクリームシューと高崎モントレーのとりせいのソースカツ丼で心を満たしましたwどっちもヴォリューム十分で美味しかった。特にとりせいのソースかつ丼帰りに電車乗るまで食べるのに調度良いのでリピ決定!!


f:id:naru0107:20190519201907j:image


f:id:naru0107:20190519201920j:image


f:id:naru0107:20190519201942j:image

【文献紹介】レース前に心掛けていること、栄養摂取の目安

レース目前、マラソンに勝負強い人の5つの傾向 :日本経済新聞 

https://www.nikkei.com/article/DGXZZO62298420Y3A101C1000000/

 

アスリートの栄養摂取と食生活 :日本スポーツ協会

https://www.japan-sports.or.jp/Portals/0/data/ikusei/doc/k3-34.pdf

 

 

ARP-40TL STDを買ったのでインプレなど。

埼玉にある自転車ショップアライズパフォーマンス(以下ARP)さんにてホイールを買いました。いわゆるショップホイールというやつです。

ARPについて↓

http://www.arise-performance.com/article/457783871.html

買ったホイール↓

http://www.arise-performance.com/article/465286878.html

完組と手組について↓

http://www.arise-performance.com/article/457188155.html

 

ARPを選んだ理由。

①安い(92000円):ディスクブレーキ移行期にリムブレーキのホイールに10万円以上の出費はしたくなかったため。

②軽い(前後で1400gちょい):体重60kg未満の自分にとってホイール外周の重さは非常に重要。400g前後のリム重量は非常に魅力的。チューブレス対応なのもポイントでした。

③安心:レースでガシガシ使う予定なので落車等いつ壊すかわからない。でも組んだ人から買っていれば安心ですよね。手組みなら完組ホイールほどしゅうり費用もかからないと思う 

実際に支払った金額。


f:id:naru0107:20190515210358j:image

自分でチューブレスタイヤをセットアップ出来て、お店に商品を摂りにいける人なら92000円で購入可能ですね。

 

使ってみてどうだったか。

箱から出して自転車に組み付けまず製品の精度が素晴らしいと感じました。言葉にするのは難しいですがホイールを空転させたときのよどみない感じに感動しました。

①登坂

リムの軽さかホイールの剛性が高いからか組みつけの精度が良いからか、ギヤをかけた分きちんと進みます。緩斜面から劇坂までオールマイティに速く走れます。タイムを計ったら同じようなコンディションでキシリウムプロ+リチオン3のホイールより10分の坂で20~30秒、2分半の坂で10秒ほど速かったです。また1分程度のダンシングで一気に駆け抜けるようなアップダウンも反応が良いので楽にこなせ巡航速度も上がりました。

②平坦~降り

特に感動したのが自分の苦手な平坦降りでした。今までと同じように走っても明らかに速度が上がりました。これがリムの空力によるところなのかタイヤの性能なのかはわかりませんが、リムの軽さがデメリットに働いているようには感じませんでした。

③ブレーキ性能

これはアルミのホイールより劣るように感じました。シューはショップで推奨しているBBBのカーボン用のものを使用していますが、明らかに制動距離が増えたのでうっかりしていると突っ込みそうになります。ま、慣れの問題&いろんなシューを試してみます。

ディスク車までのつなぎにやすくて性能の良いホイールを探している方、練習もレースもガシガシ使いたい方に是非オススメできるホイールだと思います。私は買って大満足でした!今年のハルヒル、富士ヒル、乗鞍はこのホイールで戦います!


f:id:naru0107:20190515210344j:image

ACTIVIKEフィッティングから一か月経って。

 ACTIVIKEさんでフィッティングを受けてから1か月約2000km弱乗り込み感じたことを簡単にまとめてみます。※個人の感想なので参考程度にお願いします。

①大きい筋肉をまんべんなく使えるようになった。

以前までの自己流ポジションだと2日間高強度で乗ると3日目には特定の筋肉に局所的な痛みもともないまともに練習できなくなっていましたがお尻の筋肉とハムストリングを大きく使えるようになり長い登りやロングライドの終盤でも垂れにくくなりました。

②日常生活でも活動的になった。

お前活動的じゃなかったのかよというつっこみは置いておいて、私の練習スタイルは基本朝の出勤前1時間から2時間。みっちり練習すると仕事中はそれなりに脚にだるさを感じることもありました。今思うと中から低強度で走行しているときも持久力の無い脚の前側の筋肉を使っていたため練習を終えるころには足を使い切りパンパンで怠い状態で仕事に突入していたのかもしれません。しかしフィッティング後は中強度までは疲れにくい体の後ろ側の筋肉を中心に使えるようになり、日中もあまり疲れを感じずに仕事ができるようになりました。またこれは週末の練習会などでも効いていて勝負所まで足を温存してここぞというときに大きい力を出せるようになってきたので競技志向の人にもおすすめです。

以上1か月たって感じたことを簡単にまとめてみました。ACTIVIKEのフィッティングは15000円のパーツを買うよりは確実に費用対効果が高いサービスだと思います。自己流のポジションに不安を感じている方、目標のレースへむけて熱心に練習をしている方、フィッティングを受けてレースまで最低1か月練習に打ち込めば身体はいい方向へ変わると思いますよー。おすすめです。

(ちなみににっしーからお金等は頂いておりません。個人の感想ですw)

ツールドかつらお 28km×2周ロードレース 12位

2日目のほうが長い登りがあるので得意なコース。勝負となりそうなもりもりランドをアップもかねてレース前に試走した。不安になるような脚の疲労感は無く勝負が楽しみになった。

~レース本編~

 スタート直後は道幅の狭い下りを終えるまでは非常に緊張感のあるローリング、左に曲がってリアルスタート。直後に目の前で集団落車間一髪避けて集団復帰。登りのペースは緩いのでいつものヒルクライムレースと同じく集団右側からソロリソロリポジションを上げとKOMまでに先頭付近にあがりもりもりランドの登りに備える。一回目のもりもりランドの登りもギリ先頭の見える位置で終え中央大と東北学院と下りるも下り遅くて千切れる(涙)2周目の下りでチャーハン大治郎含む後続集団に追いつかれるも戦意喪失していて走ってるだけの精神状態。しかし遥々来ているので最後まで練習をと思い2回目のもりもりランドはそれなりに頑張って頂上まで登りラバネロの選手と二人で下りへ。2人でローテしていたもののやっぱり下りは苦手でペースは上がらず最後linkTOHOKUの選手に追いつかれ後続集団の中では2番手でfin。

総括すると登りは余裕があるものの下りは致命的に遅い踏めない。週末の練習ではしっかりグリップするタイヤをはき、下り平坦でも思いギヤをかけて時々もがいたりして速い速度になれる練習が必要かと。まぁ初めてのロードレースにしては良くやった今回の経験は次に活かせとコーチとしての自分が褒めてくれたので頑張れそう。

今思うとTOMさんに貰ったカフェイン入りエナジージェルを2回目のKOMで摂ったことで折れた心が持ち直せたのかも?w


f:id:naru0107:20190415172357j:image

ツールドかつらお 11km×3周ロードレース 16位

初めてのロードレースに参戦しかも二日間3回レースするステージレース。今年はニセコクラシックを目標としている為シーズン序盤に自分の課題を見つける目的で参加しました。

コースはスタート直後2km弱登りから4.5km下って登り最後は平坦ゴール。4.5kmの登りを計3回緩斜面なので速くて8min位。事前の対策として①10分弱の峠を2本LTのチョイ上3本目を全開で登る。②2分半L6下限を5本行った。

~レース本編~

早めに会場に行き前のほうに整列、スタート後の登りはインナーに入れるほどではないがエンジンの掛かりが悪いタイプなのできついきつい少し位置を下げたけどなんとか先頭の見える位置で下り登りへ4.5kmの登りは緩斜面で自分にとってはペースもゆっくりなので余裕をもってこなせたと思う。右に曲がって2周目。2kmの登りここは短いのでペースが速くてやっぱりきつい。と、ここでトラブル右コーナー一番イン側をラインキープして走っていたら外からダンシングで被せてきた外人に足を踏まれてシューズのボアが外れるトラブル。以降s-works6の足首側のボアをプランプランさせた状態だけど走れないこともないのでそのまま行くことに。ほかにも横から詰められて逃げ場なく減速せざるを得ない場面が幾度か経験の浅い弱い人間は淘汰されるのか。これはボスに相談してどうしたら良いのか要確認。2周目の下りセクションで全走者パンク、気付くのが遅れ下り遅い私は追いつく脚もなくレース終了。下りの速い数名は前を追って追いついていたのでここも改善。2周目登り流していたら後ろにいたチームメイトとlinkTOHOKU数名の集団キャッチされる。3周目に入り2kmの登り普通に走っていたらMIVROのみになる。下って最後の登りはペースが落ちないように程よく走って3人仲良く笑顔のゴール。


f:id:naru0107:20190415112313j:image

下りで遅れて得意なところで勝負出来なかった不甲斐無さからTTは全く集中力無くただ走っただけで全力とは言えないので割愛。

春の西伊豆一人合宿

フィッティングをうけてから一日置いて5日間で合宿含む5日間で1000tssほど乗り込みました。

3/16 土曜ぽた活 和田甲武 3:03:21,79km,1955kj

和田峠 14:47 337w 82rpm

川原宿から良いペースで進み20minPB更新(317w)。ポタリング仲間からの見てもフォームが改善され自分でも身体の後ろ側の筋肉が使え感触がよかったです。よりまんべんなく筋肉が使えるようになった印象。

3/17 MIVROチーム練習会雛鶴 3:40:48,98km,2302kj

以前は2日目は股関節周りが詰まるような疲労感を感じることがあったが今日はほぼ感じず。上死点の通貨がスムーズで太腿の上下動を身体の後ろ側の筋肉を使って行いやすくなった感じ。

3/18 メゾンユキまで流し 1:44:42,42km,909kj

今まで使えていなかった臀部とハムストリングに効いてることを感じる。2日間で500tss以上練習しており正常な疲労感。明日から伊豆に自転車旅に行くのでレスト日としパン屋さんまでサイクリング。


f:id:naru0107:20190322162843j:image

3/19 合宿一日目 椿ライン 4:55:29,133km,3165kj

着替えや充電器などの荷物はヤマトの往復便で日曜宿に送っているので普段練習に行く装備で出陣。行きは小倉橋から相模川小田厚真鶴椿ライン経由で沼津まで。当初は早川漁港でランチにしようと思っていたけど早くついてしまったのとおなか一杯で椿ライン登りたくなかったのでパス。そのかわり小田原の守谷製パンであんぱんとクリームパンを補給。


f:id:naru0107:20190322162901j:image

アンパンマン

椿ラインは長いし日差しが無く強風で非常に寒くて修行の時間。1号の下りは車が多くてスピードが出ず非常にストレス。のちに教えてもらったが三島警察署に出る旧道を使うといいらしい。14時過ぎに沼津港に着。15時で一度閉まるようでその中でも通しで営業していて清潔感ある丸天みなと店でランチ。

f:id:naru0107:20190322162918j:image

ブリカマの塩焼き定食。

お土産など物色して17時ころ3日間お世話になる宿『KKR沼津はまゆう』さんに到着。こちらのお宿少し変わっているのが国家公務員様の保養施設らしくビジネスホテル以上旅館未満といった印象。部屋は広くてきれいだし大浴場も付いてる。一人旅で懐石料理も虚しいので今回は夕食は近くのスーパーで適当に買い出ししたものを食べた。


f:id:naru0107:20190322203843j:image


f:id:naru0107:20190322203856j:image

3/20 合宿2日目 西伊豆スカイライン 4:52:26,117km,3028kj

朝食バイキングは前夜の仕込みで出たあらを使った煮物、あら汁、鯵の干物、なめろうしらすおろし、明太子などあって美味しかった。朝食バイキング付き一泊7500は安いと思った。


f:id:naru0107:20190322162958j:image

本日のコースは修善寺戸田西伊豆スカイライン仁科西伊豆の海岸線シャイニー。ロードバイクに乗り始めて4年目になるが西伊豆を走るのは初めてなのでわくわくが止まらない、しかし疲労が抜けきらず脚は重いので練習というよりは観光サイクリングペースに^ ^;この日は天気も良く達磨山からみた富士山はすごくきれいだった。


f:id:naru0107:20190322163014j:image

フッジサーン

恋人岬から沼津までは繰り返されるアップダウンにぼこぼにされながらも松月で夜食のみかんどら焼きゲットしてチェレステカフェでチーズケーキを補給。



f:id:naru0107:20190322163053j:image


f:id:naru0107:20190322163028j:image


f:id:naru0107:20190322163100j:image

シャイニー

今日も沼津に着いたのが14時半頃だったので丸天みなと店で沼津に来たら食わねばとアジフライで遅めのランチ。

f:id:naru0107:20190322163133j:image

アジフラーイ

イチローの勇姿を見届け疲れすぎて9時就寝。

3/21 合宿3日目 雨で無念の新幹線帰還 10km

前日までの予報通り朝からがっつり雨じたばたしても仕方ないし、雨の中篭坂も箱根も越えたくない。熱海まで輪行して帰る手もあったがメンドクサイのでリスクをを回避し今日明日は回復に努め土曜から頑張る未来にかけて撤退。これにてわたしの沼津合宿おしまいです。

フィッティングを受けた直後に乗り込むのは少し怖かったが全く問題がなかった所か新しいポジションが体になじむいいきっかけになったように思う。特定の箇所が居たくなるどころか乗り込んだ後に出る関節の痛みが出なかったのはすごい…!!このポジションで継続して練習続けていけば成長できる手ごたえも感じる。